ビギナー向けガイド

お手軽!「たらし釣り

STEP.3 お手軽!「たらし釣り」

堤防からそのまま仕掛けをたらして釣る釣り方。水深があり障害物が無い所がオススメ!

使用する道具

関東・関西たらし釣り仕掛け図

1 磯竿(2~3号クラス)3.6~5.4m

釣り場や釣り方によって長さや硬さが変わります。
竿の硬さとオモリの重さを必ずご確認下さい。合っていないと、竿が折れる場合があります。

2 小型・中型スピニングリール

竿の長さによって大きさを変えます。
例:磯竿が3.6mの場合は小型リール。5.4mの場合は中型リール。

3 (道糸)3~4号

リールから仕掛けまでの糸の事をいい。リールの大きさや釣れる魚の大きさによって変えます。
例:小型リールを使用であれば3号。中型リールであれば3号~4号。

4 サビキ仕掛け(2~8号)

アジを釣るための仕掛けです。針にスキンや魚皮(疑似餌)が付いています。
・豆アジ:2~4号
・小アジ:4~6号
・大アジ:7号以上

5 コマセ袋(カゴ)

この中にコマセ(魚を寄せるためのエサ)を入れます。
※コマセは冷凍タイプ、常温タイプ、手が汚れないチューブタイプの3種類がございます。

6 ナス型オモリ(6~10号)

野菜のナスの型をしたオモリの事をいい、仕掛けを沈める場面で用いる為、竿の号数によって変える。
例:磯竿が2号の場合は6号迄。磯竿が3号の場合は8号迄。

7 ワンタッチエサカゴ(オモリ付き)

挟んで入れるため、手が汚れにくいコマセカゴです。
・ワンタッチカゴ(小) オモリ6号相当
・ワンタッチカゴ(大) おもり10号相当
※コマセは冷凍タイプ、常温タイプ、手が汚れないチューブタイプの3種類がございます。

釣り方

たらし釣り仕掛け図
①仕掛けをゆっくり落とします。
②竿を上下に振ってコマセを出します。
③しっかり竿を止めてアタリを待ちます。
※コマセの量は、7分目~8分目位を目安に

TOPへ戻る