FIELD REPORTフィールドレポート

大野漁協管轄 渓流ルアー釣行

昨日、九頭竜川大野漁協管轄の渓流にルアー釣りに行って参りました。
2022.05.13 福井店吉田

新製品ルアーの実力は如何に!?

山女魚好きの私にしては珍しく、岩魚をメインターゲットに渓流ルアー釣行をしてまいりました。当日の状況は曇り、水質はクリア、水量は平水よりちょい多め、そこそこ上流部でいかにも岩魚だけ釣れるような区間なのですが、思いのほか水はぬるくて体感で「13℃」です。当日の目的は、体を渓流釣りにならすのと、2022新製品の渓流ルアーのお試し。

昔からいつも使っているジャッカルさんの「トリコロール47HW」、イトウクラフトさんの「ボウイ50S」、昨年からお気に入りのメジャークラフトさんの「エデン50S」で釣り登り、そこそこ岩魚の顔を拝んだ後、新製品をいろいろ試させてもらいました。



一番の好印象は、バスデイさんの「もののふ45S」。ピンポイントを攻めるときでも、長い距離引いてくるときも、アップでもダウンでも、とてもバランスがよくできてます。これ1種類何色か持ってたら、ある程度の渓流は攻め切れそうな感じ。強いてケチをつけるなら、もののふ感は感じなかったところくらいですw
次いで気に入ったのは、ティムコさんの「ラクス50」。今回の釣行のような攻める距離が短いところよりは、ある程度長い距離を釣るときに重宝するといった感じです。同社の「ラウド」は、水量が少なくなって陸生昆虫が出てくる時期に活躍するかな、という感触でした。
デュオさんの「新リュウキ51」も使ってみました。一番当日の流域に合いにくく、感覚をつかむのが難しく感じました。ダウン性能が旧リュウキよりかなりUPしているので、少し川幅が広い河川で活躍してくれる感じがします。小河川なら46Sの方がいいのかもしれません。

あくまで個人的な感想でして、アングラーのスタイルによって感じ方は変わってくると思います。「こう使うとよい!」というお話あれば、是非教えて下さいませ。
 

とてもよく釣れた一日でした。

さて、当日の結果はというと、昼前から15時過ぎまで釣り登って、18~26cmの岩魚を20匹ちょっとキャッチできました(オールリリース)。岩魚と戯れるにはちょうど良いタイミングだったと思います。良型ほどバラしてしまう一日ではありましたが、とても楽しい釣行でした。

大野漁協管轄の最上流部へ続く道路は、5/31まで冬季通行止めなので、今後もまだまだ楽しみが待っています。皆さんも是非、チャレンジしてみてください!

(脱渓後、道端にワラビが結構生えてました。調理ができない人間なので、魚と同じく画像に残すだけ…。)
フリーワード
人気のターゲット
  • ルアー  ソルト  ウォーター
  • 海釣り
  • 船釣り/オフショア
  • シーバス
  • 堤防・波止
  • 磯釣り
  • ヘラブナ
  • エリア
  • 渓流
注目のキーワード
  • ロッド&リール
  • ルアー
  • 仕掛け/エサ
  • 周辺グッズ
  • ウェア
  • 動画アリ
  • 入荷情報
  • セール
  • 大会/ダービー
店舗から選ぶ